浜までは2020/05/31 16:55

本日の掲載写真は、昨年のゴールデンウィークに訪問した、京都の永観堂です。
今年の連休はコロナ禍で、在宅していたので、掲載する写真がありません。
永観堂は、紅葉で有名ですが、新緑の時の「青モミジ」も、紅葉に匹敵するぐらいすばらし物だと感じました。
恥ずかしい話ですが、この永観堂の素晴らしさは、海外旅行したときに、台湾の人に教わったところです。
日本を知らないことに不勉強さを感じた旅行でした。


さて。
私の範となす先生に、外山滋比古氏がいます。
面識はありませんが、本や雑誌の文章で大いに感化されております。

しかも、その記載されたいる文章も、すべてが実戦を通して書かれている物ですので、学者馬鹿でなく。机上の空論を振り回している人ではありません。
実践を通した言葉には、文章をとおして知っただけですが、実に重みがあります。
お金に対する考えかたや、生き方に大きく影響を受けております。

1923年生まれですから、今年97歳になります。

氏の記載する文章の中で、
「浜までは、海女も蓑着る時雨かな」 瓢水(作)
という俳句を記載して、定年後の第2の人生へのはなむけにしている事が記載されていました。

まさに美しく生きる努力が大事とのことで、どうせ海に入れば濡れてしまうのに、海まで雨具を付けていくという心構えは、人生を殻に閉じ込めない生き方だと感じました。

また、江戸時代の儒者 佐藤一斉と言う人は、
「老いて学べば、即ち死して朽ちず」と生涯学習の事を記載しております。

もと静岡大学の教授の小和田哲夫さんが、このコロナ禍の中で、
YOUTUBEの、「小和田チャンネル」を解説し、無料で
戦国時代、今はNHKの「麒麟がくる」を題材に、毎週10分程度の講義をしてくださっています。

いつもは、安易に聴講できないような先生が、
毎週このような機会を作っていただき、無料開放していただけることに感謝しております。

1944年うまれですから、今年76歳。コロナ禍で、自宅にこもって受け身とならず、災いから、一挙に大衆に打って出る、その気力と勉学欲に挑戦する活力をもらえます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2020/05/31/9252793/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。