好奇心があがきを2020/09/19 11:38

日本人は何処から来たのかという話は、
日本の教育では、大陸移動説と、南方移動説とがあって、
大陸移動説では、樺太から渡ってきた民族のモンゴロイドと
韓国経由できた、朝鮮系の民族
南方から来た民族に分かれています。
大きくは、6つの源流から日本民族は形成されているようです。

この中で、移動してきたのではなく、「倭人」はもともと日本に存在したとする説もあります。
いずれも3万8000年前の話ですから、いろいろな説があっていいのです。
古代ロマンを考察するのは、考古学が好きな人にはたまらないテーマでしょう。

世界4大文明というのがあるということを歴史の教科書で、昔教えられました。
古い順番でいけば、メソポタミア文明 エジプト文明 インダス文明 中国文明であるといわれております。
中国文明は、これも中国が勝手に、政治家でジャーナリストであった梁啓超が追加した事項で、歴史も、宗教、国家権力の行使で、いかようにも変えられております。

メソポタミア文明の始まりは、紀元前5500年ごろと言われ、そのころに
すでに楔型文字が成立していて、文明の形態をとっておりました。

青森に在る、「山内丸山遺跡」ですが、ここにも集落があり、すでに縄文ポジェットが作れれるぐらいの文明が成立していたのです。

ここの集落に住んでいた人は、もともと日本に住んできた「倭人」かどうかは、定かではありません。
しかし、日本人は、文字を持たない民族であったので、
メソポタミア文明の時代に、すでに多くの土器や矢じり、装飾品や集落が発見されても、文明という位置づけをされることができません。

紀元前4500年ごろには、エジプトではクフ王がピラミッドを建設しているのですから、
文字の力は、王の民族統治の正当性をあらわし、王の民族統治に重要であったかをものがります。
秦が中国を統一したのが、紀元前220年です。

今年、コロナ禍のなか、松尾芭蕉の奥の細道の序文ではありませんが
「予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の 思ひやまず、」の心境に陥り
急遽、青森に行きたくなって、奥入瀬渓流散策 青森美術館見学
そして、山内丸山遺跡見学の3つのテーマで、訪問してきました。

本当は、天孫降臨の九州の高千穂に行って、
古代ロマンと神楽を楽しむ企画をしておりました。
しかしコロナ騒ぎの真っ最中の5月でしたので、飛行機も飛ばす、泣く泣く諦めました。
このテーマは、また、次回に譲ることにしましょう。

文字が中国から7世紀に伝来しましたが、
それまで、表記することができなかった日本人が、
万葉集や女流文学に至るまで、一挙に文字文化が花開くのです。

庶民の兵隊から女性まで、万葉集を見ればわかるように、、
防人の歌や生活の歌や、恋愛まで記載できた
日本のそれまでのポテンシャルは、文字を持たなかったばかりに
歴史の中では取り上げられてきません。

文字を持っていた国や地域でも、戦争の英雄をたたえたり、自らの民族の優位性を唱えるようなものしかなく、
支配階級でない、一般の庶民や女性まで、自由に物事を書いたり歌ったりできる民族はありません。

アーノルド・トインビーが、日本は独自の文明を確立していたとする説は
未開の土人はキリスト教によって、目覚めさせないといけないとするキリスト史観からの発想でありますが、日本の連綿と続く古代文明のポテンシャルの高さをありえないとする、脅威や、驚愕な目でみた裏付けでしょう。

次回予定の高千穂の次は何処に行きましょうか?
好奇心は、恐怖を超越します。「go to キャンペーン」ががあろうがなかろうが、関係ありません。

年を取ったら、自分の「生」に従順でないといけません。
体が丈夫でも、心が老いては動けません。
心は丈夫でも、体が老いても動けません。
すべてはパーです。

自粛が解けてきて2020/09/13 19:30

海は広いな 大きいな
行ってみたいな よその国

写真は、昨年の4月29日に行った時の横浜港の写真です。

早くまた、海外にも行ける日が来ることを望んでいます。

GO TO トラベルもようやく、東京都も10月1日から解禁になる予定あったり、
コンサートも2万人か50%の制限まで人数制限の解除になったり、
だんだん、日常生活が戻ってくる感じがします。

私のフラメンコの先生も、ようやく国の認定で、フラメンコギタリストのプロの認定を受けることができ、補助金を受給できるようになりました。

多くのフラメンコのタブラオも、10月からは営業を再開できるようになるとのことで、徐々に演奏の場が広がってくるのは幸いです。

東京オリンピックも、開催の方向で大きく舵がとられましたので、
コロナとの戦いは、もう少しという感じです。

インフルエンザと一緒で、撲滅することはできないので、重症化しないように、うまく、コロナとは付き合っていかなないといけません。

ピアニストの中村紘子さんは、野球の巨人が勝たないと世の中変調が来ると言っておりました。

ことし、巨人が強くて、貯金を23と伸ばした報道があります。
しかも、原監督は、なんと、日本シリーズ9連勝した、あの川上哲治監督より勝率がよくなったとのことで、
名監督の不動の地位を確立しそうとのことです。
まさに、晴天の霹靂、コロナ禍下での珍事、震撼です。

最近の巨人は、観客がいないと実力が発揮できるようで、
ヤジや罵声のかからない球場でのびのびしている感じがします。

阪神やヤクルトなど、弱小球団は、ヤジ罵倒を栄養源にしているので、
観客が少ないと、実力が出ません。

多くのヤジや罵倒の中で、国会を運営する首相 自分の意志と反したら、それこそ地獄までたたきつける対象としての、首相が近々きまりますが、

観客が正常に動員されてからの、ヤジ罵倒の中での、原監督采配はいかがなものか楽しみです。

陰気臭く 不景気の顔になるか、わくわくです。

常勝しているので、世の中が、より変調になっているのか
早く、ヤジ罵倒の応援の観客動員解禁が楽しみです。

心のエコノミー症候群に陥らない2020/09/06 08:25

本日掲載の写真は、小倉雅弘氏のオフィシャルブログから、写真を引用させていただきました。


友人の情報では、太陽系の7つの惑星が一直線に並ぶ、惑星直列が起こった年だそうです。

惑星直列を調べると、7月4日にほぼすべての惑星
水星ー金星ー地球ー火星ー木星ー土星ー冥王星の7惑星が直列したようです。
7月の6日から19日までは、これに月も加わったそうで、惑星直列の発生現象は、500年に一度のことのようです。

惑星直列が起こる年は、天災や災害が発生とのことで、
3個の惑星直列でも太陽活動が活発化し地球でも地震や噴火や異常気象が起こるようです。
7つの惑星が一直線に並ぶのは通常にはあり得ない現象ですので、
巨大地震や気象変動や磁気変動が起こる可能性が非常に大きいとのことです。

100年に一度の、パンデミック騒動、異常気象、地震も火山も活発化してきて、不安定な日常を送っています。

7月下旬がコロナ感染者の判明した罹患者がピークでしたので、
潜伏機関の2~3週間前を考えると、
ちょうど、コロナ禍のピークは、惑星直列の発生した、7月4日ごろと一致し、その時がピークだったようです。

コロナ感染対策の尾身会長も、ようやく、コロナと併存して経済活動は可能と言ってきました。

ややもすると、自粛の軋轢で、活動を控えるようになっています。
このように、活動の幅を狭めると、
外山滋比古先生は、心もエコノミー症候群に陥るといっております。

活動量を増やさないといけません。
自分で活動しないと、誰かに操作されてしまいます。

「Control your destiny、or someone else will.」

一葉散って、天下の秋を知る2020/08/30 08:05

本日の写真は、昨年訪れたハンブルグ市庁舎です。

7年ぶりに戻ってきた 池井戸潤原作の半沢直樹のドラマが人気です。
この番組は、銀行を舞台にしたものがたりですが、
最後には、主人公の半沢直樹が「倍返し」と言って、
反勢力にめげずに、正義が勝つという、現代版水戸黄門であります。

2013年に好評だった番組が、また、今年ヒットするかという
大方の心配と不安を見事に払拭し、個性的な歌舞伎役者が
自由に、かつ顔芸というか、見栄を切る演技で大盛り上がりです。

7年前に返り咲いた、安部首相は、己の病魔に勝つことができず、
倍返しもできずに、舞台から退場するのは、さぞ辱したる思いでしょう。

半沢直樹のこのドラマを見るにつけ、孤軍奮闘する安倍首相とダブってしまっていました。
日本を案じ私利私欲のない、この政治家の思いが通じないのは、残念でした。

モリだのカケなどと言って、世間は騒いでいますが、
半沢直樹のドラマのように、身内から私利私欲に絡んだ連中がしかけた物事に
半沢は、果敢に立ち向かって、バンカーの良心を見せるのですが、
政治の世界は、手を染めた連中が、大和田のようにそっぽを向いて
一人に責任をかぶせる体制では、多勢に無勢でした。

政治家の権力をあざ笑うように、政府が官僚の責任を追及し始めたとたん、
コロナ禍となり、安倍首相始め、良識ある政治家が、これ以上、力をつけないように
次の首相に交代させるように、政府の方針に逆らって動かない官僚機構となり
笛吹けど動かない行政になり、打つ手、打つ手が後手となってしまいました。
まさに、官僚による「倍返し」をさせられてしまいました。

半沢直樹のドラマのように、上戸彩が演じる 半沢花が
屈託のない明るさで主人公を癒しているように
明るく、ノー天気な、安部さんの明恵夫人が、彼を心底支えているのですが、
世間の目が、自由な彼女の行動を制約するようになってから、
奥さんから見える世界が閉塞化してしまって
首相本人のエネルギーが失速してしまいました。
やはりこの時期、GO TOの先頭を立って動いていただきたかったです。

アメリカの大統領選挙ですが、大方の予測では、バイデン氏有利との報道ですが、
アメリカも本音と建前が違いますので、最後はどうなるかわかりません。
投票所にいって、アメリカの本音、白人の思いから、トランプを陰で入れる人が多いです。

アメリカ人の本音は、アメリカ ファーストであり、
アメリカに入植してきた順番で、人種差別が厳然と存在します。

白人の次に、黒人、そして南米人、その後に 日本人 アジア人です。
アメリカのいいところでもあり、悪いところでもあるのは、
人種差別も、お金を持っていれば、その差別から超越できることです。
(ただし、ガラスの天井は厳格に存在します。)

そのために、日本人はかろうじて、激しい人種差別に会いませんが、
アメリカを抜き去る行動に出ると、
ことあるごとに、戦争を仕掛けたのはアメリカですが、
パールハーバーだの、ジャップだのと言って差別されます。
アメリカは、お金があれば、何とかなりますが、
ヨーロッパは、階級が、すべてを決定づけますので、日本人はいまだに下層です。

世界を取り巻く情勢が、わかっていたのは、安倍首相で、
彼が、全方位外交と日本のお金、日本の静謐さ、清貧さを示したことで、
G7でも、G20でも、今までは、単にお金があるから入れてくれた世界に、
トランプとの仲介もできるということで、一挙に舞台の主役を日本が演じることができるようになりました。

ずるがしこい官僚機構の反逆
キリスト教を教義とし共通認識に立つ、ずるがしこい白人中心の世界からの日本の地位の転落
この不況で
アベノマスクという名目で助けた、ゆうちょ銀行も破綻し貯金封鎖のあと、
1000万までしか預金が保証されなくなり
GO TO やって、経済を動かすことも反対の国民感情、
30%も落ちた、株価とそれに伴う、企業利益の損失で、
65歳以上が40%にもなる日本の人口構成で、
年金機構の株の運用益もなくなって、大幅な年金がカットは必然で(実質上は、防疫税とか、地方復興税とかの名目にして取られる)

こんな世の中に、だれが泳いで、現状の生活を維持して、
日本の地位を落とさずに、やっていけるか
また、短命な首相を繰り返す時代に戻る感じがします。

この閉塞した社会の中では、求む「倍返し」です。

自粛を続けると2020/08/23 08:07

外山滋比古さんが、他界されたことに触れませんでした。
7月30日に、96歳でしたから、男としては大往生かもしれません。
氏の著書から、多くの示唆と感銘を受けたので、
とりわけ惜しい人を亡くしたと感じます。

以前にも取上げましたが、
93歳で執筆された「知的な老い方」は、2017年2月に出版されたのですが、私が手に取ったときは
同じ年の、4月にはもうすでに6刷になっておりました。

誰もが逆らうことができない、老いというものに対して、知的に老うと言うことを称えた本で、今まで出版された本の集大成版の様に、様々な知恵が凝縮しております。
まさに暗中模索する老後の、懐中電灯、羅針盤の様な本であります。

思考やお金について氏の記載された内容には、大きく影響を受けました。
特にコロナ禍のこの時期には、「思考の整理学」は、読んでもらいたい本です。

日本の教育や、指導というものが、
引っ張って飛ばす訓練の中で、子供達を教育するので、
その結果が、グライダー人間を作ってしまっていると言うことです。
これは、操作する側からは大変都合が良い思想で、マスプロダクトに
多くの人材を提供することができます。

自分の力で考えて、飛ぼうとする飛行機人間でないので、
グライダー人間は、常に引っ張ってもらわないと
何もできない、どうしても依存心が出てしまいます。

今回のお盆の帰省についても、自分が自力で飛べない人間なので、
自粛か、帰省か一つでもぐらついてしまいます。
しかも、
自分の行動すら、方向性を定めてもらわないと動けない人がたくさんいて、
むしろ喜んで規制してもらおうと、国と県や都の方針が違うと、怖くて動けない判断できない自分を差し置いて、国に対して立腹したり、規制の依頼や依存をしてくるのです。

グライダー人間の、このことを考えるきっかけは、40年以上も前ですが、修士論文を書くときでした。

卒業論文までは、指導教官の下に、テーマを与えられて引っ張ってくれて論文を書いて卒業できるのです。
しかし、
これが、修士論文書く段階になると、簡単なブレスト以外、教官自身もわからない世界ですので、指導はできず、されません。

いろいろな論文を読む度に、
自分の関心事はすでに論文化されていて、どこをつついてもテーマが取られており、出口はおろか入り口さえ見えない時期があります。

いまのコロナと一緒で、誰かに引っ張ってもらわないといけないようになってきて、一定の方向に動いてしまう、一種の思想ファシズムに落ちいってしまうのです。
誰かにすがりたい、方向性を見せてもらいたいという一種の焦りと依存が
追い詰められて来ると出てきてしまうのです。

ここを抜けるには、自分で物事を考えて、自分の言葉、足で動くことです。
苦しくても動くことです。とにかく行動に出るのです。
3密を避ける行動以上に、自分の行動を自粛してしまうと、
一挙に思考ファシズム、依存ファシズムに入り込んでしまいます。


長い前置きでした、今日掲載した写真は、
山川直人さんの「コーヒーもう一杯」という本です。
たまたま、古本屋で1巻から3巻まであったのですが、
このマンガを見た瞬間に、この人は、スクリーントーンを使わないで、
すべての絵を、ペンで書いていたのです。

現在のマンガは、スクリーントーンを多用しないと成立しないほど、描画技術は高度です。

この人の漫画は、彼の作品を見ればわかるのですが、ひたすら無骨ですが、本当に人を愛する心が、無骨な作品の中に現れています。

彼を形容して、漫画界の吟遊詩人と評していますが、
本当に心線に触れて、心が和やかになります。

絶版本が多く、いまは、インターネットを駆使iして、
オンラインで彼の本を集めております。