間の抜けた社会2020/11/29 19:48

本日の写真は、青森駅観光物産館から、青函連絡船をみた写真です。

NHKの連続テレビ小説「エール」が終わってしまいました。
このような良質な番組が、コロナの影響で10回余も短縮されてしまったとかで、
何を焦ったのか、役所のように融通の効かないNHKが愚行に走ったと思います。

古関裕而氏の音楽を通して、改めて昭和の時代の貧しくても、心が豊かな時代を思い出させていただきました。
今回の連続テレビ小説は、そのタイトル通り、それぞれの人に「エール」を送るという
人世賛歌がテーマでした。

このドラマの根底は、音楽ですが、
音楽で言う、休符、すなわち「間」および出会いの大切さを教えてもらったと思います。

現在、人の心を打つような音楽や、話題に乏しいのは、
この「間」の取り方が悪いからだと思います。
また、「間」がないので濃密な出会い、体験に遭遇できません。

NHKが、この「エール」の放映を短縮してしまったことで、
多くの「間」がなくなってしまい、ドラマも最後のひと月程度は、殺伐と進捗するだけになってしまいました。
ドラマを短縮し、事実を早送りするのでは、その「間」と出会いの余韻が楽しめないです。
このような、放映手段をとったことが、実に間抜けで、これでは
皆が、NHKの視聴料を払いたくなくなるのもうなずけます。

東京オリンピックマーチの作曲にしても、
古賀政男こと、木枯正人が、主人公がいつまでも曲が書けない苦悩を、
「心で音楽を楽しんでいるのか、最後のところで納得する部分が出なくて苦しんでいるか」という言葉を発するのですが、
短縮されない、実際の放映では下記のようだったようです。

桜をみて、テーマの導入部を思いつき、
最後の4小節は、君が代の こけの「むーすーまーで」の2小節分のメロディを、
4小節にしてマーチとして締めくくって海外の選手団に日本との出会いを表現していく過程を演じる予定だったようですが、
これが、急にポンと途中を抜かし、曲が出たようでは、ドラマは間抜けです。

いま、世の中が、殺伐としているのは 「間」がないことです。

メールが来たら、すぐ返さなくてはいけないとか、
誰にも分る文章で、短く発信しなくてはいけないとか、
すべてが、合目的に動いているからです。

ゆっくり考えたり、余韻に浸ることもなく、
今の音楽のように、常にあわただしく動いて、感覚だけが反射神経のように
反応すればよいようになってきてしまいました。
音楽がすでに変容しているのですから、それに付随する歌詞は、語るに値せず、
詩を味わうところには到底、到達できません。
ましてや、今の若者は間抜けですので、「間」を楽しめる、文通での結婚など、現代社会に生きる若者は理解できないでしょう。


楽譜を見て弾いても、この歳になるまで、
「休符を弾く」という概念がつかめないでいました。

ピアノを習い、ブラスバンドをやってクラリネットを吹いて、
その後、エレキギター フルート ウクレレなど弾いてきて、50年余も、クラッシックギターを弾いてきましたが、
6年前にフラメンコギターを、先生について本格的に習うまで、「間」を形作る休符の意味がわかりませんでした。

休符は、音の出ない音であって、休符をしっかり弾くことで、そこに音楽に対するゆとりと、表現がでて、それが、人を感動に導き出していきます。

落ちろ、落ちろ どん底まで落ちろ どん底の先に希望が・・
出会いが、絶望の淵に立たされた人を、時間や、距離という「間」を置くことで、救いをも表現されていました。

このドラマは、出会いと、「間」の余韻を楽しませていただきました。
実に いい番組でした。

今日は、古関氏の「ひるのいこい」を聞きながら書いていました。
https://www.youtube.com/watch?v=uzZnl4t8FsM

2000年の状況を二度と繰り返さないように2020/11/21 20:34

野菜や果物が発生する 老化促進ホルモンやエチレンガスを吸着浸透させるという
 「愛菜果」という鮮度保存袋です。

日本経済新聞の土曜版に掲載された記事があり、さっそく購入してみました。

野菜の中で一番痛み安いものは、もやしですが、この袋に入れると
なんと4日経っても鮮度が落ちないのです。

ポリエチレンに大谷石の粉を練りこんで袋にしたとかで、
果物や野菜の老化を遅らせるのです。

これこそ、最近にない発明で、多くの野菜や果物を腐らずに使えます。

しかもこの袋、何度でも洗って使えるとかで、外出を控え、大量に食材を買い込んだ冷蔵庫には必需品になってきました。

人間も老化推進ホルモンを抑えたり、抑制する服ができればいいですね。

さて、明日から、小池おばさんや、政府の推奨する行動様式に則って、
GO TOです。

お金を少しでも、世の中に回してあげて、経済活動を活発化しないといけません。

新聞で多くの人が、リストラの憂き目に遭遇する事態になってきました。

2000年ごろの、建設業の大リストラと違って、経営の判断の悪さが、
会社の盛衰を決めたのではなく、
コロナという、予期もしない外圧に、誰にも責任をかぶせることができない、
今回の大リストラです。

今 振り返っても思い出すのは、当時の会社の荒廃と、阿鼻叫喚の状況です。
このようなことに、一日でも早く脱するために、GO TOに寄与することで、人助けの一助になればよいと思っています。

二度と、一万人余も辞めた、辞めさせられた、建設業に携わった、私たちのような状態に落ちないように、願っています。

第3波が到来だが2020/11/15 19:46

(今日の写真は、先日GO TOで行った伊豆の秋の夕暮れです。)

このところ、また急激にコロナ罹患者が増えてきて、マスコミがまた、騒いでいます。

コロナの第3波が来たような、このような状況でありますが、
先週の月曜日から、出社率60%に引き上げられて、在宅20%、現場対応での外出20%との通達で業務方針が変更となりました。

現場を持っていない人は、実に80%は出社しなくてはいけなくなり、
週5日のうち、4日を出社しなくてはいけなくなりました。

今までは、週に1回~2回、会社に顔を出すだけでよかったのですが、
慣れた体には、きつい急激な変化です。

もともと、人と接するのが苦手で、自宅に閉じこもって、ずっと耐えられるし、上位者へのおべっか営業もしなくてよいし、パワハラを受けることもないので、むしろ快適な生活で、この変化を楽しんでいました。

サラリーマン生活の最後を迎えてきて、研究者のような生活になったのは、望んでかなえられなかった自分へのご褒美だと思っていました。

今回のCOVID-19、新型インフルエンザウィルスである、新型コロナの感染状況が把握できたのか、
会社の見解は、通常業務に戻したのは、濃厚接触しなければ、コロナに罹患しないとのことです。
この決断に至るのに、保健所や産業医など各方面に、ヒアリングを重ねたようです。

濃厚接触の定義が、下記のように変わりました。
1.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者と接触した日のはじまりを「発病した日」から「発病した日の2日前」に
2.濃厚接触と判断する目安を「2メートル以内の接触」から「1メートル以内かつ15分以上の接触」に

これによって、会社では、マスク装着が絶対条件ですが、
職員同士が1M以内の接触を避けるということで、
会議室や執務室で座る隣通しの間隔や、対面の間隔が、
鼻先1m 隣通しは鼻の中心と隣の人の鼻の中心までの距離が1m以上あけて執務をするとのことです。

つまりは、距離と接触時間によって、罹患率が変わるということです。
これに、換気と私の理論である、太陽光に当たっていれば罹患しないのでしょう。

夜の街に女あり、女の影に、コロナあり。
罹患者は、医療従事者を除いて、ずれも夜の街で濃厚接触した結果です。

今週から始まる、本格的出社での執務に、飲み会をいかに安全に対処するかがカギですね。
当面、爺さんは飲みにいけませんね。

GO TO キャンペーンに2020/11/08 08:22

先週11月3日は、GO TO キャンペーンで、日帰りバス旅行に行ってきました。

私のほうは、在宅勤務が一部解消され、週に1~2回、会社に出社したり、月に一度は、大阪出張もあり気分転換になっていますが、
コロナ禍、自宅に居る かみさんは、どこにも行けないとストレスを抱えています。

私と同年代の世の奥様方や同輩も、自由に街を散策できる雰囲気でありませんので、第2波にイジコジしてるのではないでしょうか?

マイカーを所有している人たちは、足がありますので、少しは開放感があっていいかもしれません。

ファイスシールドを持参して参加したバスツアーですが、
バスの座席の前後は、アクリル板で仕切りがつけておりましたが、
GO TOの威力はすごいもので、全席満席の大盛況でした。

新宿を出発して、
①伊豆高原のすし屋で、寿司食べ放題
その後
②修善寺で自由散策
本日掲載の写真の
③伊豆長岡でロープウェイに乗って富士見テラスで、富士山を仰ぎ
④伊豆丹波の酪農王国オラッチェで、芋掘り体験とサツマイモ1K持ち帰り、
そして、ミカン、お米、お茶のツメツメ体験(小さい袋での詰め放題)で、3種類の収穫物をゲット(ほんとにお得)

これに、夫婦そろって、地域クーポン券が3,000円渡されて、
修善寺、胡麻団子 伊豆高原で アオサ 伊豆長岡でお茶を購入して帰宅しました。

通常11,500円のツアーが、GO TOで7500円、これに地域クーポンが 一人1500円つくので、実質6,000円で終日遊ぶことができました。

日ごろの鬱々感が払しょくされ、楽しい一日を過ごすことができました。
これで、地域経済の活性化の一助になるのですから、
いいこともしました。

バス会社もコロナ対策で、換気に気を配り、乗車の際の検温 毎回の降車時の手のアルコール消毒 こまめな休憩を 社内飲酒の禁止や大声発生禁止など、いかにコロナと大過なく共生するかの努力もすごいものでした。

6年の歳月が流れ2020/11/01 19:57

急に思い立って、ヤマハのフラメンコギターを買ったのが、2013年10月18日でした。
衝動買いは、大概失敗する例が大きいですが、
当初は、すぐ飽いてしまうか、難しくてやめてしまうのではないかという危惧がありました。
しかし、本年10月で、フラメンコギターに触れて、6年が経ちました。
自分の心の琴線に触れるのが、長く続けられる要因かもしれません。

最初に買ったフラメンコギターは、ヤマハの廉価品のCG182SFでしたが、生産が中国製と言え、10万円程度のギターと比べれば、半額以下の値段ですが、日本人が監修しているだけあって、丁寧な細部にわたったこだわりがあり、弾きやすく、音色も音の歯切れも10万円以上のギターを凌駕します。

廉価版モデルの欠点は、高音の伸び、遠達性に弱点があることですが、
何処でも持って行って、ギターを傷つけてしまうのではないかという心配もなく、気軽に弾くことができるのがいいです。

次に購入したギターは、パコ・デ・ルシアモデルと言われた、「コンデ・エルマノス」です。
このギターは、情熱的な鳴りと哀愁を帯びた音色で、クラシックギターにも近い、音質の深みと重量感を持っています。高音の伸びもいい感じです。また、どんな曲にも、激しい奏法にも負けない素晴らしさがあります。

通常は、いつもこのコンデギターを愛用しております。

本日掲載しているフラメンコ・ギターは、「Prudencio Saez」というスペインのギターです。
昨今は、多数の有名スペインギターメーカーが中国に作らせ、自社製として世界に売り捌く中、このギターは、スペイン製に拘り続けているギターとのことです。

私の習っている先生の所持していたギターを、本年、譲り受けたものです。

コンデ・エルマノスは、本当にいい楽器ですが、私の所有している楽器は、値段も安い部類ですので、中国で生産されたものかもしれません。
その為、スペイン独特の乾燥した、乾いた音色が今一歩出ないで、
しっとりしているのです。

この譲っていただいたギターですが、スペインの明るいからっとした空気感があります。
やはり、極端な乾燥気候のスペインで生まれた楽器だからでしょう。

また、塗装も、セラック塗装で、この塗装は木の素材を生かして、薄塗のため、職人の手作業で行われますが、重い塗装を施していない分、音量もあり、音の切れも素早いです。
欠点は、汗をかいて弾くと塗装がはがれやすいのです。

哀愁を帯びた「ソレア」や、炭鉱堀の悲しみの「タランタ」を弾くときは、コンデ、
明るい「ブレリア」や「アレグリアス」は、サエコと
毎日、ギターをとっかえ、ひっかえ弾くのは楽しいです。

10年で、胸を張って趣味と言えるよう、ものにしていきたいです。