表面ではわからないこと2020/04/05 15:43

今日の写真は、4月4日土曜日の近隣公園の様子です。
例年は、花見でごった返すのですが、実に閑散としております。

日本郵政が、ゆうちょ銀行株で2兆9000億もの損失リスクに遭遇して、
日本郵政が配当の一義的な原資に充てる利益剰余金は吹き飛ぶ予測が出されております。

ゆうちょ銀行の株の下落は、郵政の保険に関する一連の不祥事に、今回のコロナショックでダブルの痛手を負っています。

将来の配当政策だけでなく、来年以降の政府が保有する株式の第3次売り出しや、
その売却資金を当てにした復興財源にも影響を及ぼしかねない事態となっております。

ゆうちょ銀行株の発行株数は、4,500,000,000株 45億株で、
そのうち、政府関係がもっている株式は、約58%で
個人株主が21% 
郵政民営化という名の下に、アメリカに買い占められた株が、約12%程度あり
残りは、民間銀行や金融商品取り扱い業者になっております。

今 一株に対する配当金は、50円ですので、年間2250億円が配当に回され
政府には、1350億円の配当が取得されます。
アメリカに恫喝され小泉元首相に踊らされ民営化した為に、
アメリカのもくろみ通り外資には 270億程度の日本の金が、毎年流れております。

現在株価が、落ちに落ちて、933円 
当初売り出し価格が、1400円でしたので、
日本の会計ルールでは、50%を下回った場合、減損処理を行なう必要が出て、
このまま減損処理をするには、約2兆9000億の損失が発生してしまう可能性があります。

このブログを書いている私でも、約30万程度の赤字を被っています。

国は、ここでなんとか、減損処理を発生させないために、株価下落を戻し、
今回のコロナショックを利用して、日本郵政を助けようと動きました。

国は、直接、一民間企業に支援をすることが表立ってできませんので、
当初、お肉券、魚券を郵便物として発行する計画を立てました。
しかし、この計画は、頓挫してしまいました。

郵便物と、肉、魚など現物が動く、ゆうパックが動くシステムで
日本郵政を助ける潤滑油しようとしました。

また、生産者という末端を助けることで、この沈滞化したお金の流れを活性化して
現状を打開しようとしましたが、
郵便局を助けると直接、公に言うことができないので、
偏った考え方をした人たちが、族議員を助けるなどという目的だと決めつけ
葬り去られてしまいました。

郵便局のお金は、年金など支給されるお金、国民の貯金を含んで、
莫大な金融量をもっていますが、
現在 民営化したと言っても、
民間銀行の保護の観点で、自由に民間に貸し出せないシステムになっています。

次に手を打ってきたのが、マスクを2枚全世帯に配布することです。
総額としては、郵便代240億程度、梱包、材料費の調達などで
500億程度の微々たる支援です。末端まで行けば、もっとお金が動くのかもしれません。

ゆうちょ銀行が、減資されたり、倒れた場合、
直接被害を被るのは、年金生活者や国民です。
銀行凍結、郵便局に預けたお金も引き出せない状況となり、
金融封鎖になります。

今回のコロナショックで、1世帯30万円の金融支援ができるのも、
国民が郵便局に預けた莫大な預金を、国が借りて、困窮者に配布して、
国は、当面利子だけ返済していれば、国は安定です。

日本もアメリカのように日銀が自国のお金を刷って
輪転機を回して、お金を放出することができますが、
この反動は、お金があふれかえって、やがて超インフレという形で帰ってきます。
郵便貯金があると言うことが、いかに日本が社会的に強靱であるかです。
アメリカがうらやむシステムです。

郵便局にお金があるという安心感は、郵便局は倒産しないという幻想の中で成り立っておりますし、
全国どの街にも郵便局が存在する為に、毎年6000億の維持費がかかっています。

トイレットペーパー事件の様に、国民が郵政を支援しないと、
郵便局にお金がないといって、噂が立った瞬間、
一斉に皆がお金を引き出したら銀行封鎖です。

昭和恐慌など歴史を振り返るまでもなく、
お金を引き出すこともできず、お金は紙くずになってしまいます。

外資に、270億も毎年、利益を吸い取られているのではなく、
ひたひたと迫り来る、恐慌に動じないように、
日本の金融システムを守るためにも、日本郵政株を皆が支援する必要があります。

また、布のマスクの配布は、よく考えました。
使い回したマスクを切って、この布マスクの間に入れれば、
汚くても外見上わからなくなります。いままで使っていたマスクを古くなっても捨てなくて、何回も洗濯することができます。

これも既存マスクを切って、中に入れて活用するなどと国が宣伝すると
マスクが売れなくなるので、いろいろもどかしいですね。

国の浪人時代2020/04/12 09:11

写真は、昨年連休で訪れた鞍馬時の天狗です。
コロナウィルスも天狗が早く追い払っていただきたいものです。

国の緊急事態宣言を受けて在宅勤務者が増えて来ました。

私の所属する異業種交流会の面々でも、半数近くが実施になりましたが、まだ、全社に行き渡っていません。

メンバーの一人は、在宅勤務の指示が会社から出ないので、ブラック企業だと自分の会社を揶揄しておりましたが、
建設業に所属する人たちは、契約工期という縛りがありますので、
どうしても出社しないわけにはいけないので大変です。

しかも、宣言の出された日に、東京から神戸まで出張させられたりしておりますので、実際の労働環境は過酷で事態は厳しいです。

現在、休業補償の話は、もっぱら、飲食業に集中しておりますが、
建設業の工事請負契約では、遅延は、受注した建設会社が、違約金を払わなくてはいけないので自宅勤務が実行できません。

また、多くの建設労働者の、いわゆる職人という人たちは、
日給月給の形を取っておりますので、一日休めば、その分給料が出ないです。

発注者側から、休業要請を出した場合、
現場の休業中の保険の延期代金、現場の仮囲いの経費、警備員の経費など、いわゆる共通仮設費用は、延長するにはその金額をゼネコンに支払わなくてはならず、
また、現場職員の給料は、1ヶ月単位で保証してあげなくてはいけないので、簡単に休業宣言を実施に移行することができません。

20億程度の現場の場合でも、タワークレーンなどの機械損料も入れると、軽く1000万円を超えてしまします。
現場ストップは、建設業に従事する末端の人たちまで考えると、飲食業の損失どころではありません。

国の方針では、工場はインフラを支える業種なので、稼働して良いことになっておりますので、建設現場は、都市における工場だという解釈で
継続してもらうしかありません。

しかし、継続しても肝心の物が入ってこない状態にありますので、建設業を取り巻く事態は、現場工程との見合いで逼迫しております。

人物金をいかに有効に動かすかが勝負時ですが、
物(肉券、魚券)を動かそうとしてダメ出しを食らったり、
古いマスクを中に入れて活用する布マスクの配布でもダメ出し食らったり
(昔の人は布マスクにガーゼを入れていましたので、すぐその使い方はわかります。)、
この騒動から、物を動かす議論は交代してしまいました。
お金の緊急支援についても、駄目だし食らったり、
一億総評論家の国になってしまった日本では、
首相という職業は、本当に割に合わない仕事だと思います。

限られた資源、お金、人財を生かす話ができない評論家や有識者(憂死機者)、しかも建設業など末端業種まで含んで包括的に物事を見れない人ばかりですので、船頭多くて、国の舳先はぐるぐる空回りしております。

ゴルフと一緒で、あのとき5番アイアンで打ったらとか、パターの芝目を読み間違えたとか、「たられば論」の話ばかりです。
結果論なら、誰でも話すことができます。
ここは、間違っても一歩を踏み出すことが必要なのです。

なんとか、自粛という力でコロナを押さえこんで、
今となっては世論で潰れた心許ない「もの」でも、金でもうまく転がればいいのですが、

国も、江戸末期のように、長い浪人時代に入りそうです。
このような浪人時代だからこそ、
金だけ国から無心しようという知恵の無い知事がいる中で、
大阪の知事とか北海道知事とか、
国が乱れると、いい人材が排出してくることがわかります。

浪人といえば2020/04/12 13:53

今日は、つれづれに日常をスケッチしてみました。


浪人と言えば、
真っ先に思い出したのは、
元スマップの稲垣吾郎さんです。

NHK朝の連続ドラマ「スカーレット」に、医者として登場しました。

朝ドラ「スカーレット」の話は、
貧しい中で、陶芸に芽生え
女として初めて陶芸作家になった女性の生涯を扱った番組です。

陶芸を教えてもらった夫を、家庭を金銭的にも破壊するほど作家活動にのめり込み、あげくの果て夫を捨てて、陶芸家を選択します。

しかも、夫婦のかすがいであった息子が、
二人の仲をを取り持つように動くのですが、
最愛の息子を白血病で亡くし、また、夫は去って行ってしまうのです。

スカーレットという表題は、
映画の「風と共に去りぬ」の主人公スカーレット・オハラを隠喩として
ドラマの題名に忍ばせていますが、
映画「風と共に去リぬ」でも。スカーレットが、
自ら幸せを壊し、最愛の娘も、夫もみんな、去って行ってしまうのです。
ドラマはその終わり方と一緒でした。

何でこのドラマの人気が出ていたのかわかりませんが、この後半のやるせない、ドラマの進捗に稲垣五郎さんが登場したのです。
彼の登場で、毎回後味の悪い内容にほっとするものをかんじました。

彼は、スマップ解散後、3年程度、業界から干されていて、音沙汰がなかったのです。
しかし、ドラマの演技を見て、浪人を糧に本当に成長した姿を見せていただきました。

彼は、スマップ5人の中では、飛び抜けた才能も無く、常に脇役に甘んじていた人で、演技も歌もルックスもほかの人のようには派手さがないので、グループの中で埋もれていました。

キムタクの様に、早くから自分の殻を脱皮させたいと思っていた人と
スマップは、考え方の違いで、仲違いの様にして解散して行ったのです。
稲垣吾郎さんは、プロダクションに逆らった見せしめに。この3年間の浪人生活の憂き目に遭ったのですが、この浪人時代が、彼を一流のスターにして芸能界に戻しました。

それに比べて、中居さんは、先週能土曜日に、新番組でニュースの番組を立ち上げましたが、彼の商品の鮮度は明らかに落ちていてマンネリな感じを受け、もう見なくても良いという感じをうけております。

なぜ、スマップが解散し、他の4人が去って行ったことが、未だにわかっていない感じを受けております。
脱皮できない蛇は死んでしまいます。

長い浪人時代に自分を磨き続けた、稲垣五郎さんに、このNHKドラマを踏み台に、どのように新しい自分を羽ばたかせるか期待しております。

地元のスーパーやコンビニなど感謝2020/04/19 19:27

本日の写真は、4月5日に私のパリ在住の友人が送ってきてくれた
スーパーマーケットのレジの風景です。

日本も緊急事態宣言が発令されたあと、食料品店など、日常の生活を支えている業種だけが営業を堂々と継続することができています。

不要不急のの外出を控えるようになって、めっきり外でなくなりました。

「COVID-19」の略称でコロナウィルスと呼んでいますが。
正式には、「CoronaVirus Disease, 2019」の略称のようです。

国際ウイルス分類委員会のコロナウイルス研究部会は、
「SARS-CoV-2」(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2
=重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2)と定めているようです。

すべてインターネットの引用ですので真贋はわかりません。

さて、昔、実家がスーパーマーケットを経営していたので、
わかりますが、レジを打っている人たちは、並の体力では続かない仕事です。

最初、新入社員で入った人には、レジ場という同一場所で、繰り返しのコスト入力と
過酷な頭の回転要求される持ち場に、2時間と立つことができません。

昔は、キャッシャーカウンターのキーボード打ちと、
お金の計算、瞬時におけるおつりの計算。金額授受。
そして、袋詰め、買い物かご整理、レシートの処理、など、
一度の多くの仕事をこなさなくてはいけなくて、大変な作業でした。
また、お金を直接触らせるので、優秀でしかも信頼の置ける、
一流社員にしか任せられない部署でした。

いまは、商品を読み取り機に商品をくぐらせ、
金銭の授受は、カード決済か、金銭の授受ですが、
釣り銭の計算もキャッシャーマシンが行なってくれるので、
頭の負担は極端に減りましたが、相変わらず、
日本では、買い物かごの中に、堅い物、柔らかい物、果物や乾物などを分けて、
計算後の商品を丁寧に手渡してくれます。

それに輪をかけて、今回のコロナ対策予防をしなくてはいけません。
ようやく日本でも、本日の写真の様に、感染飛沫を防ぐ工夫をしたお店が増えてきました。

外国では、長く広いキャッシャー台に、自分で買った商品を自分で並べて、
店員に促されて、読み取り機に商品を動かして。
動かされた商品は、無造作に、読み取り機の前方に、ベルトコンベアーで運ばれるだけで、商品の扱いは、乱雑です。
また、お金の支払いも、すべて自分で処理しなくてはいけません。
店員は、ただ単に、商品がスムースに読み取り機を通過しているか見張っているだけです。

日本の八百屋とか、スーパーマーケットとか、コンビニは、本当にいたれりつくせりです。

このような、自己犠牲を払って、コロナの恐怖と戦って、販売している人たちを見ると、本当に感服します。

大手スーパーはだんだん、セルフキャッシャーとなって、殺伐としてきていますが、コロナ禍になるほどに、日本の中小のスーパー、コンビニなど
応援したいと思っております。

スープでも飲んで2020/04/26 18:32

3月27日から在宅勤務になってから、1か月が経とうとしております。

1昨日、岡江久美子さんが、63歳の若さでコロナウィルスで急逝した知らせを受けて、今回のパンデミックで、あらためてコロナは本当に恐ろしく、死はいつでも隣り合わせにあると言うことを実感しております。

昨日、土曜日の夜の「情報7days」でビートたけしさんが、緊急事態宣言が出た後、
自宅待機したこと(されたこと)で、自分の心境の変化について述べていました。

どこにも行けないという、苦痛、そして精神的鬱積、その後、どうでも慣れという、諦観の気持ちの推移について話されました。

自宅にじっといることだけで、高ストレスに見舞われますので、一定のリズムができるまでは大変です。
そして、諦観の気持ちが出てきて、自分を取り巻く仕事や環境について、いつでも放棄できる、どうでも良いという気持ちが出てきて、ようやく精神が復活されてきます。

生老病死の四苦、愛別離苦・怨憎会苦(おんぞうえく)・求不得苦(ぐふとくく)・五陰盛苦(ごおんじょうく)の八苦からは、逃れられないということ。
同じ事を話された、たけしさんの言動に同感でした。

さて在宅勤務になると、3食の食事を作るのは大変な苦行です。
かみさんを励まし励まし、こちらも手伝って、毎食楽しい食事になるように心がけています。

腎臓疾患の持病をもっていますと、
大好きなラーメンについても、医者から「スープは全部飲んではいけない」とか、
「味噌汁は薄くする」とか、「塩分をひかえる」とか、
いろいろ制約があり、エルビスさんのように、インスタント麺を容易に食することができません。
思わず、隠れて1個、カップ麺を購入してしまいましたが、ラーメン食べたいという、
潜在的欲求がありますので、エルビスさんの様な記事をみるといけません。
パチンコ中毒、お酒中毒などの中毒性の物です。
(でも飾ってあるだけですが、いつか食べてしまうでしょうが・・)

本日の掲載の写真は、トマトを使ったレシピです。

健康の為だけに購入しているトマトが、注文の手違いで、大量に配達されたのでその処理に困って作りました。

トマト、出汁を取るためのベーコン、コンソメ、そして卵だけ、
本当に簡単にできるスープです。
このスープを作りましたら、私はトマト嫌いでしたが、このスープのおかげで、トマトも食することができるようになって、しかも、トマト臭さがなく、すっぱみのある、初夏の爽やかさを運んでくれるスープとなりました。
医食同源です。