日本の風土とスポーツ競技2019/11/03 19:50

ここ1ヶ月半は、土曜日もしくは日曜日にラグビーのワールドカップのTV放映があって、ゆっくり1週間を振り返ることができませんでした。

先週は、ラグビー放映の為、休刊したのですが、「脚気という病」を書いた先々週も、ちょうど、南アフリカと日本の試合が開催されたので、もっと書きたい内容であったのですが、試合のLIVEに、そわそわと早々に引き上げてしまいました。

私の所属している異業種交流会の合い言葉は
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」をモットーに集まっている会があるのですが、ラグビー精神からとっています。

ラグビー熱は、この異業種交流から興味を持ったのではなく、
新日鉄釜石の松尾雄治氏とともに、故人であります。同志社大学でその後、神戸製鋼で活躍した平尾誠二氏の時代に入れ込んでいたのです。
確か1985年での頃です。

その後、テレビでアメリカンフットボールが放映させると、アメリカンフットボールに目がいき、ラグビーの肉弾戦の泥臭さが、アメリカンフットボールの華やかさに負けて、TVゲームでもアメフトのソフトを買って遊んでおり、
いかにも、「これがアメリカだ!」というショウビジネスに一時期魅了されておりました。

今回、日本で初めて開催されたラグビー(正式にはラグビーフットボール)をテレビでありますが、観戦して、ヨーロッパ発祥のスポーツに、再び魅了され、今まで、野球にしても、バスケットボール、アメリカンフットボールにしても、アメリカの商業スポーツに毒されていたことを感じました。

昨日、東京オリンピックのマラソンと競歩が、札幌での開催に決定しました。

理由は、東京の夏の気温と湿度にあるとのIOCの結論ですが。
まえまえから、巷では、死者がでると噂をしていたとおり、開催地に変更は余儀無いことでした。
そのIOCの強引さは、日本人の琴線に異音を出させ不評を巻き起こしておりますが、
一言、選択を誤っていたので、札幌開催で決断を飲んでくれといっていただければ、きれいにすんだ話でし、ノーサイドの精神を持つ日本人には納得されたでしょう。

さて、ラグビーですが、日本も今回4連勝で予選を通過したのですが、
予選当時の夏の気候が、ホームでの開催に援護射撃をしてくれと感じております。

ヨーロッパの気候では、特にイギリス、ロシアなどは、夏でも寒く日照時間もあまりありません。
それに加えて、湿気がこんなにある国もありません。

日本と予選で対戦した国は、日本の湿気でラグビーボールがうまくつかみことができない、
試合後半に、湿気とこの暑さでへばって日本有利になったと評している人もいます。
いままで一度も勝てなかったスコットランドに勝ったのも、彼らと互角以上にスクラム戦で負けなかった要因は、この暑さと湿気のたまものだと感じております。

マラソンも、札幌市に移されてしまいましたが、湿気と暑さの援護がない土地での戦い方に、ラグビー終了後は、関心が移行しております。

本日の写真は、コペンハーデンのクローンボー城ですが、本年 8月4日気温16℃でした。日本との気温差約20℃でした。

秋晴れのいい天気に2019/11/10 21:22

今日は、雲一つ無い秋晴れの良い天気でした。

天皇即位の、「祝賀御列の儀」が無事に執り行うことができて良かったと思っています。

さて、快晴の日和に誘われて、
11月の我が家の行事、神社仏閣御礼月間となり、本日は、明治神宮を参拝し、その足で、竹下通りを見学、
その後、最近オープンした、渋谷の「スクランブルスクエア」に行ってきました。

若者の街と思っていましたが、渋谷もようやく、このビルが立ったことで、
少し大人の街に脱皮しそうな予感を感じました。

東京は、いつもどこかで、リニューアルや建設が推進され、開発の手が入り込んでおり、いつも新鮮な都市であります。

スクランブルスクエアのデザイン、入居テナント、飲食ゾーンを見ますと、
観光都市トップを走り始めた、東京のポテンシャルの高さを感じます。

来年3月には、近接する宮下公園跡地に、一大商業施設とホテルなどの複合施設ができます。

渋谷も目を離せない街に変容しており、楽しみであります。

神社仏閣訪問その22019/11/17 19:26

先週の日曜と同様に大変よい天気でした。

今日は、池袋に新しくできた、野外劇場の「グローバルリングシアター」の見学に行こうとしたのですが、こけら落としが11月23日とかで、出鼻をくじかれました。

そこで急遽、秋の陽気に誘われて、浅草浅草寺に行ってきました。

日本は、表面上は無宗教を装っていますが、強固な多神教で、
キリスト教をはじめとする1神教でありませんので、全国至る所、神社仏閣はあるのですが、門前町を含んで、それぞれの町が多様性に富んでいますので、見て飽きることがありません。
それに反し、ヨーロッパはどこを切っても、金太郎飴の世界ですので
国が変わっても宗教建築は変わりがありません。

ヨーロッパの面白さは、宗教から逸脱した土着の信仰、アミニズムが垣間見れることで、まさにこの息抜きの面白さが、各国の特徴を決めております。

明治時代に日本旅行記を記載した、イサベラバードというイギリス人の女性は、
「日本奥地紀行」を記録するのですが、
宗教色の強い中流家庭で育った為か、キリスト教を受け入れない人種は野蛮人として育っていましたので、日本人がキリストの宗教を受け入れないで、秩序も道徳もあり、近代化し発展していることが、理解できず、不快きわまりなかったようです。

天皇即位の礼、および、その後の一連の祭礼を見るにつけ、伝統の継続性を再認識し、常には現れない、日本人の深層風景を垣間見た感じがします。

アジアの町並みは、香港に代表されるように、猥雑、混沌、欲望表出が素直に出ています。

浅草も、アジアという感じがもろに出まくった門前町で、神聖な神社仏閣と併存して、混沌として猥雑な町でして、ホッピー通り、浅草6区、花やしきなど人の欲望がそのまま表出しております。

この猥雑、混沌さが、神聖な場所に併存していることが、いま、海外から注目されている観光地の一つだと感じました。

群馬に秋の収穫に2019/11/24 19:25

今年は、秋の収穫のバス旅行に行かないかと思っていたら、
かみさんが急に、「11月23日の土曜日は仕事がないので、紅葉狩りに行こう!」といって来ました。

バス旅行会社の日帰り企画を慌てて探すと、魅力な企画はすでに売り切れていたのですが、オリオンバスツアーでは、お土産付きの三大食べ放題の企画があり、まだ、参加枠の空きがありました。

「秋のトリプル食べ放題&絶品「ふわとろ食パン」お土産付!」というコースです。
紅葉狩りのコースはやめて、やはり食べ放題、お土産付き、野菜詰め放題の魅力に妻は負けました。色気より食い気です。

バス旅行は、はとバス、倶楽部ツーリズム トラピックス、オリオンツアー、タビックスジャパン、HISなど主要なバス会社の企画があります。

はとバスは、比較的老人向きで、行程もゆったりで無理をしませんし、食事も旅先も確実なバス旅行を楽しむことができます。

一方、はとバス以外の会社は、なんとか、はとバスより同じ料金かそれ以下で、お土産をつけたり、詰め放題などの魅力をつけようとしのぎを削っています。

今回選んだオリオンバスツアーは、比較的若い世代も、子供も楽しめ、お土産たくさんで、盛りだくさんな企画をいつも提供しております。
(中には、鋸山散策のように、健脚でないと山を制覇できない企画もあります。前回は、会社の束縛時間が長いのか、子供たちの方が常日頃歩いていないのか散策に対して悲鳴を上げました。)

水曜日にインターネットで申し込んで、ネット決済して、土曜日の早朝に新宿西口からバス旅行に出発できるのですから、便利というか何か不思議な感覚を受けております。

北海道から東京に転勤してからは、車を手放し車を持っていないので、群馬にはあまり足を運んだことがありません。
道中ぼーっとしていれば、見知らぬ土地も勝手に連れて行ってくれるので、バス旅行は楽ちんです。

まずはじめに立ち寄ったお店は、豆腐の「湯葉」食べ放題で、
豆乳のトレイが数多く並んでいる、実際に豆腐を作っているところに行き、実際に湯葉をすくって時間内なら、いくらでも食べることができました。

その後、お酒の試飲体験 さらに、群馬県の川場という町にある、田園プラザホテルの昼食ローストビーフも食べ放題のビュッフェランチ。

湯葉でお腹いっぱいのところに、追い打ちをかけての食べ放題、
その後、野菜詰め放題を行なったあとで、
リンゴ食べ放題 さすがに、お腹も満腹で、1個しかリンゴの木から実をもいで食べることしかできませんでした。

次に、川場にある、道の駅にいって自由散策
(ここは、ガイヤの夜明けでも取り上げられた、建築群で構成された道の駅で、注目されている場所です。本日の写真)
お土産に、リンゴ2個とふわふわパン1斤をもらえたツアーでした。

湯葉食べ放題
昼食バイキング
リンゴ食べ放題

持ち帰りお土産:パン1斤 リンゴ2個 ジャガイモ、にんじん詰め放題

現地で購入したお土産
酒蔵で、柚酒 梅酒
道の駅で キクラゲ 唐辛子の枝(実を自宅に持ち帰り乾燥させて鷹の爪にします。) 里芋 

水曜日に申し込んだ時点では天候は晴れ曇りでしたが、
土曜日の群馬地方は小雨がちらつくあいにくの天気となってしましましたが、今年も我が家の秋の収穫祭は、大満足で終了いたしました。

惜しむらくは、昨年は企画の中にあった、リンゴ詰め放題が無かったこと および、野菜の詰め放題のビニール袋が小さくなったことでした。

バスツアーは面白いです。