群馬に秋の収穫に2019/11/24 19:25

今年は、秋の収穫のバス旅行に行かないかと思っていたら、
かみさんが急に、「11月23日の土曜日は仕事がないので、紅葉狩りに行こう!」といって来ました。

バス旅行会社の日帰り企画を慌てて探すと、魅力な企画はすでに売り切れていたのですが、オリオンバスツアーでは、お土産付きの三大食べ放題の企画があり、まだ、参加枠の空きがありました。

「秋のトリプル食べ放題&絶品「ふわとろ食パン」お土産付!」というコースです。
紅葉狩りのコースはやめて、やはり食べ放題、お土産付き、野菜詰め放題の魅力に妻は負けました。色気より食い気です。

バス旅行は、はとバス、倶楽部ツーリズム トラピックス、オリオンツアー、タビックスジャパン、HISなど主要なバス会社の企画があります。

はとバスは、比較的老人向きで、行程もゆったりで無理をしませんし、食事も旅先も確実なバス旅行を楽しむことができます。

一方、はとバス以外の会社は、なんとか、はとバスより同じ料金かそれ以下で、お土産をつけたり、詰め放題などの魅力をつけようとしのぎを削っています。

今回選んだオリオンバスツアーは、比較的若い世代も、子供も楽しめ、お土産たくさんで、盛りだくさんな企画をいつも提供しております。
(中には、鋸山散策のように、健脚でないと山を制覇できない企画もあります。前回は、会社の束縛時間が長いのか、子供たちの方が常日頃歩いていないのか散策に対して悲鳴を上げました。)

水曜日にインターネットで申し込んで、ネット決済して、土曜日の早朝に新宿西口からバス旅行に出発できるのですから、便利というか何か不思議な感覚を受けております。

北海道から東京に転勤してからは、車を手放し車を持っていないので、群馬にはあまり足を運んだことがありません。
道中ぼーっとしていれば、見知らぬ土地も勝手に連れて行ってくれるので、バス旅行は楽ちんです。

まずはじめに立ち寄ったお店は、豆腐の「湯葉」食べ放題で、
豆乳のトレイが数多く並んでいる、実際に豆腐を作っているところに行き、実際に湯葉をすくって時間内なら、いくらでも食べることができました。

その後、お酒の試飲体験 さらに、群馬県の川場という町にある、田園プラザホテルの昼食ローストビーフも食べ放題のビュッフェランチ。

湯葉でお腹いっぱいのところに、追い打ちをかけての食べ放題、
その後、野菜詰め放題を行なったあとで、
リンゴ食べ放題 さすがに、お腹も満腹で、1個しかリンゴの木から実をもいで食べることしかできませんでした。

次に、川場にある、道の駅にいって自由散策
(ここは、ガイヤの夜明けでも取り上げられた、建築群で構成された道の駅で、注目されている場所です。本日の写真)
お土産に、リンゴ2個とふわふわパン1斤をもらえたツアーでした。

湯葉食べ放題
昼食バイキング
リンゴ食べ放題

持ち帰りお土産:パン1斤 リンゴ2個 ジャガイモ、にんじん詰め放題

現地で購入したお土産
酒蔵で、柚酒 梅酒
道の駅で キクラゲ 唐辛子の枝(実を自宅に持ち帰り乾燥させて鷹の爪にします。) 里芋 

水曜日に申し込んだ時点では天候は晴れ曇りでしたが、
土曜日の群馬地方は小雨がちらつくあいにくの天気となってしましましたが、今年も我が家の秋の収穫祭は、大満足で終了いたしました。

惜しむらくは、昨年は企画の中にあった、リンゴ詰め放題が無かったこと および、野菜の詰め放題のビニール袋が小さくなったことでした。

バスツアーは面白いです。