散歩にて考える2021/02/21 20:02

今日は、本当に良い天気でした。
前日から、今日の気候は春の陽気になるとのことでしたので、
日曜日と火曜日の天皇誕生日の過ごしかたを、いかに充実させるか
検討していました。

本日は、浅草から、隅田ウォークという、東武鉄道の鉄橋の下を遊歩道が完備されたので、隅田川を鉄橋を渡って、スカイツリーまで散歩に行ってきました。

コロナ自粛が続くと、いつの間にか足腰が弱って、寝たきり老人の予備軍になります。
また、外出するという気力を持っていないと、病気に対する抵抗力もなくなって、老けますし、一挙に病気の餌食になってしまいます。

とにかく、日本人は、失われた30年といわれしますが、縮み思考に陥って、小さく小さく小粒になってしまい、
寛容、惻隠の心の幅もなくなってしまいました。

コロナ禍と、マスゴミの扇動で、
いつの間にか、自分が一番正しいような錯覚に陥って、他人を平気で蹴落としたり、批判をする人だけがいるような社会になってしまいました。

しかし、小さな変化を見れば、
今朝の日経新聞では、コロナ自粛が長引けば長引くほど、購買力が上がって、一時的なインフレになるのではないかとの予測もたっています。
ひずみエネルギーのマグマはかなり溜まってきた感じがします。

また、森元会長が抱えていた、オリンピックを貫徹するという意志も、
不幸にして彼は去りましたが、潮目が変わり、
オリンピックを遂行するという機運は、ようやく陰から陽に代わって
動き出した感じがします。

彼一個人の問題でなく、日本の恥(女性蔑視、オリンピックを、莫大な金額を支払っても辞退する機運)を世界に知らせてしまったという、
犠牲は大きかったですが、去って意志を伝えたのはよかったです。

世界のスポーツは、コロナ禍であっても開催されているし、
全豪オープンでも観客をいれて、試合が遂行されました。

楽天の田中投手が、来日早々に、ホームランを浴びされれて、
また、今年の野球が楽しみになってきたように、
楽しみの創設、創造、創出は、生きる上での糧であると実感してきました。
希望、何か成し遂げようとする気持ち、これが無ければ、
人間は家畜です。

日本にいると世界がわからないです。
いつの間にか、イギリスに行けば、地下鉄1区間が、
4,5ポンド 661円です。
北欧に行けば、ビールが350cc缶で、1000円します。
お金で計らなくても、
先進国と思っていた日本という国が、おじさん世代が小学校で教育を受けた時代のように、中進国に成り下がってしまいました。

単にお金の価値の下落だけでなく、精神的な豊かさがなくなってしまったことが残念です。

武士は食わねど爪楊枝 (本当は高楊枝 ここでは寂しくうつ向いている様を表現)
衣食足りて、礼節を知る

日本人の心は、こんなに荒むものでしょうか?!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2021/02/21/9349493/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。