弥栄! 日日是好日2021/01/10 17:05

今年もよろしくお願いいたします。
ようやく、新年稼働し始めました。

年末も12月24日から1月4日まで冬季休暇でしたが、
時間があるときに限って何もやらないものです。
ブログを継続している方は、その持続力だけでも圧倒されます。
何事もちょっとの差が、何年も経つと取り返しのつかない大きな差になっていってしまうものです。

そういう意味では、自分に書くことで自分にエールを送っている、このブログは、日々の暮らしをだらけさせないためにも意味があります。

あらためて、人は高みを目指せば、仙人に、
谷底に落ちれば、俗人になると、ブログの意味を再確認しています。

本年の最初のブログですが、コロナ禍のことを触れないわけには行けません。

北海道知事や、大阪府の知事が、営業時間短縮や、病床数を確保して動いてそれなりの成果を上げていましたが、
無為無策で過ごしてきた東京都の都知事が、
見事な打っちゃりで、国にコロナの対応が無策ということにして、
自己の無策政策の汚点をすり替えたのは見事としか言いようがありませんでした。
まったく唖然とした行動でしたが、近隣知事も巻き込んだ早業には
自己保身と時流をとらえるすごさだけを多くの人に周知させました。

派閥の狭間で成立した、今の首相は後ろだけがありませんので、
前からも、後からも、また友軍と思った自民党の背後からも
鉄砲で撃たれて、野党も早く退陣させたいので、無策だ無策だと
次の政権を取りたいだけの動きになっています。
誰も、コロナ対策を真剣にしているのではなく、選挙時期を見定めたり、
おぞましく次期政権奪回の方策だけしております。

コロナ対応についても、
医者と経済学者の両面のコメントからでしか判断されておりませんが、
マスコミに登場する人を見れば、いつも同じメンバーで
外部有識者のコメントや対策が一つも出てこないことは恐ろしいことです。

私が「脚気という病気」というブログで紹介したように、
http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2019/10/20/9167043

ドイツ医学の流れをくむ東大を頂点とする医学界が、
イギリス医学を学んだ高木兼寛が、脚気は食に起因するといって、
天皇の病気を彼の提言で快癒したにも関わらず、森鴎外等が
その理論を抹殺して、日本陸軍兵を、実に3万余も死に至らせた功罪は大きいです。

医学界が、自分の理論を曲げない抗争下にあるのは自明で、
現在、週刊ポストで、井沢元彦さんも「逆説の日本史」で、
この森鴎外の功罪と脚気の問題を記載しています。

マスコミも、もっといろいろな医学者の意見を収集すべきで、
権威に胡坐をかいた人の言質が本当に正しいのか判断する必要があります。

日露戦争の時の様な、兵隊の犠牲は二度と出してはいけないのです。
こんなに感染爆発が起こったことで、
そろそろ日本というコロナ患者も、第3者のインフォームドコンセントを受ける時期だと感じます。

一番大きな問題は、病院の取り扱いです。
幕末の徳川政権転覆のテロ集団であった、薩長土肥が
天皇を担いで、政権を取ったのですが、昭和40年ごろまでは、
幕府側についた県には、造反させないように病院を作らせなかったことです。

160万床も、世界に関たる日本の入院ベット数を誇る日本ですが、
医療崩壊が叫ばれています。
その3%も満たない対応ベット数しかコロナ患者に対応できるベットが無く、どうしてこのようなことになってしまったのか
もっと、国民が厚生省や医学界にメスを入れるようにしないといけないです。

マスコミが、医療崩壊、医療崩壊と叫ぶたびに、海外に日本の医療体制の脆弱さの恥をさらしています。
日本の医療は、有事に備えてこなかったからで、
アメリカにしても、韓国にしても、その他諸外国は、常に戦争を想定しているので、有事の体制が取れているのです。
また、病院の序列化も大きな要因です。

いま、マスコミも国民も叫ばなくてはいけないことは、
何とか入院のベット数を増やして、コロナ罹患者の自宅待機者を無くし、
コロナ蔓延を防ぐことです。

医者、弁護士、建築家は、欧米では3大プロフェショナルと言われていますが、法学部を卒業した人が、必ずしも弁護士になるのではなく
建築学を学んだ人が、必ずしも建築家になれません。

ところが、医者だけは、医学部を卒業すれば、ほとんど医者になり、
しかも医学大学は、昭和40年を境に大学が増えたといっても
まだ、64校です。
いまだに、幕末の徳川家親藩であった、岩手、福島 栃木 神奈川 奈良 紀州の殿様の居た和歌山は、国立の医学部がありません。

もっと医学部を増やして、医者の数を増やし、
医者が儲かるという仕組みにメスを入れないといけません。

日本の少子化対策は急務ですが、
今の首相が、不妊治療を保険対象にすると声高に宣言したのですが、
医者の儲けが少なくなると、医学界の反発力で、なかなか前に進めません。
この事象一つをとっても、権利と利益に守られた医学界の結束力と政治的圧力がわかります。

さて、もう一つ、有識者に都市計画的見地を有する人および
嘘を見破る統計学の専門家また、若者の行動を正しく導く、
生物学、生殖学的な専門家などを入れないと、国ががたがたになります。
日本は、ヨーロッパや中国などほかの諸外国と違って、
都市の成り立ちが違います。

外部侵入を防ぐ為に、まず城壁で都市を取り囲み、その中に市民を入れた西洋や中国の都市の在り方と
日本のように、城や、お寺、神社を中心にして、城壁がなく、だらだらと集住した日本の都市とは成立の過程に大きな差があります。

都市計画的な見地のない人は、常にコロナ対策でロックダウをしないのはおかしいと言っていますが、
ヨーロッパや中国などは、都市、すなわち城壁を閉ざすだけでいいのですが、日本は、安易にロックダウンなどできません。

彼らの国は、ロックダウンしても、都市居住者は城壁より外に、工場や広大な農地があり、生産流通が滞ることがありません。

また都市居住者は、都市におけるゴミ処理、インフラ整備、物流など、
肉体労働は、都市市民の下層階級や移民がやるので、
リモートワークができやすいのです。
西欧社会の奴隷搾取の構図は、古代ローマから変わることなく連綿と続いています。

ところが、日本は、連坦として広がってしまった都市構造であるので、
都市の中に、生産する工場や、農地もあり、都市そのものが大きな有機体で、欧米的なロックダウンをすれば、すべての機能が止まります。

欧米のような下層階級や移民がいないので、インフラとしての都市は停止となります。

ロックした瞬間から、トイレットペーパーはなくなる、食料もなくなる事態となります。
どの人も平等な社会ですが、肉体労働やインフラ整備に自己犠牲して対応してくれる、建設業でも現場を止めないで、コロナの危険を冒しても建設を続けたり、物を生産したりして対応する日本人が、日本の心があります。
ロックダウン即、都市の死であります。

都市計画の有識者の声を聴いて、物と人の流れを科学的に分析する必要があります。

また日本の食料自給率も37%を割っていますので、都市をロックしたり、
海外からの入国、物の移動を拒否すれば、一挙に物が入ってこないし、生産物を輸出できない構造です。
石油やパルプ、食料が入ってこなければ、移動を制限しても
そく、オイルショックの時代に戻ります。

アメリカや、欧米諸国や、日本を除く多くの国は
生活者レベルによって居住区域が違っていますので、
コロナ犠牲者の多くは、病院に入れない人、
貧民窟のように、生活レベルの低い地域に蔓延しています。
ロックダウンしても、移民や貧困者だけが死んでいるのが実情です。

日本は、罹患者のクラスターをとことん追求しない限り
対策が難しく、いままで保健所の努力でここまで抑え込んでいると思います。

いま、何が正解かわかりませんが、
上から目線で、在宅勤務ができる人の発言だけが、マスコミを扇動し
動かしております。
人種差別、階層化された欧米社会とは違い、
日本はいろいろな人が混在して共生して生きている社会ですから、
ほかの国とは比較ができないのですから、行動心理学的見地でも、対策も急務です。

ロックダウンしても、他の諸外国は軒並み、抑え込みに成功していません。
イギリスなどは、現在壊滅的な状況でまた、ロックダウンを再発進を行いました。

抑え込みに成功しない理由は、種の存続が難しくなった時に、
人の生殖、子孫を残すという、危機的な本能的が若者の行動に拍車をかけております。
この危機的な生存欲求、種の保存要求が、若者を町に繰り出させ、また、見えない形で若者の接触の機会を増大化させ、コロナ蔓延に拍車がかかっています。

日本では、コロナ対策のマナーがいいのですから、
病院を増やし、若者の性欲のはけ口、生存、種の保存能力をうまく誘導していけば、コロナ罹患者は大幅に減っていくと感じております。

激しい、2021年の幕開けですが、
人が皆、安穏平和に過ごすことができ、
世界が、弥やますます、栄えて行くように期待するとともに、
コロナ禍の中でも、日々是好日である、
一日が終わったときによかったと思えるように
今年一年を乗り越えていきたいです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2021/01/10/9336368/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。