懐かしさ感じる奈良の秋2020/12/06 20:08

あをによし奈良の都にたなびける天の白雲

奈良の都にずっと行ってみたいと思っていました。
前回、奈良に行ったのは、10年余前になるのか、
その時は、唐招提寺、薬師寺など西ノ京をメインにした西ノ京方面と、
法隆寺、中宮寺を目的とする、斑鳩の里を訪問しました。

いつか行ってみたい、行ってみたいと念じていましたら、
今年は、コロナの影響で、GO TO トラベルの恩恵を受け
思わず、私たちも楽しめ、地方も潤い、政府の経済支援の一助に寄与することができました。

眞子様が、恋の病を完治できないように、一度憑りつかれると、
抑えることができないものが、生きていく希望であり、糧となります。

コロナ禍で、自粛する動きと相反しますが、
父親や兄、友人、先輩など、早く早世したり、
今年も、2月に一緒に飲んで楽しんだ仲間が、横隔膜に癌が見つかり、
10月に亡くなってしまったり、もう一人の友人は、肝臓がんで亡くなってしまうと、
人間のはかなさ 無常を感じ、今日を一生懸命生きることにどん欲になります。

政府の見解、有識者の見解を冷静に判断すれば、
コロナに罹患するのは、飲食を伴って、マスクを外して声を出してしまうことです。
夜の濃密な接待の場所に行かなければ、多くを守れると説明しています。(懇切丁寧に説明しているのですが、どんどん違う解釈が、マスゴミによって操作されています。)

GO TOを止めないといけないのは、旅先で濃密な接待場所に行ってしまうことです。
人は、札幌、大阪など、歓楽街に行く誘惑を止められないので、
GO TO全体をストップさせる手段に出ています。
本当にまじめにコロナ対策をしている人がかわいそうです。

ずっと、日本の原点、源流の奈良の都を再訪したい、
石舞台のある、明日香地方に行ってみたいと思っていたので、
このチャンスを逃すまいと、コロナ禍という、恐ろしさを跳ね上げて
好奇心が身を滅ぼしますが、千載一遇の機会を生かすことができました。

東京がGOTOトラベル解禁になったとき、
当初は、京都の秋の紅葉を楽しもうと計画をしていましたが、
ものすごい人が押し寄せるような不安にかられて、急遽
10月中旬に奈良に変更したのがよかったです。

案の定、京都はすごいことになっていましたが、
奈良はそれほど混んだ状態でなくてよかったです。

今回は、11月の22日から23日のあわただしい旅でしたが、
初日に、春日大社 元興寺 ならまち散策
その後、バスで、弘仁寺、および 正暦寺を訪問、

2日目に、山の辺の道の途中にある、大神(おおみわ)神社、
石舞台、キトラ古墳 橘寺 川原寺 飛鳥寺など明日香地方を訪れる終日観光バスで堪能しました。

初日の歩数は、21,935歩
二日目の歩数は、17,151歩でした。

奈良は、観光バスなどの交通機関を使っても、駐車場から目的地まで、かなり歩かなくてはいけませんので、体が動く内、健脚でなければ踏査できません。
参加者の同乗者の何人かは、ふもとで待っているだけの人がいました。

本日掲載した、神社は、大神神社の境内にある狭井神社です。
この神社は、三輪の神様の荒魂(あらみたま)をまつる神社とのことで、
力強いご神威から病気平癒の神様として信仰が篤い場所であります。
私も持病の、腎臓疾患が再発しないように、隣接する薬井戸で
万病に効くお水を頂戴したのは言うまでもありません。

大神神社は、大物主大神が鎮しずまる神の山として信仰された、原始信仰の場所です。
観光ガイドブックでは、山と大鳥居しか掲載されていませんが、奥に広がる境内は広大でした。

明日香地方の、昔懐かしい原風景の晩秋を感じて、心の洗濯ができた感じがいたします。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2020/12/06/9324184/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。