第3波が到来だが2020/11/15 19:46

(今日の写真は、先日GO TOで行った伊豆の秋の夕暮れです。)

このところ、また急激にコロナ罹患者が増えてきて、マスコミがまた、騒いでいます。

コロナの第3波が来たような、このような状況でありますが、
先週の月曜日から、出社率60%に引き上げられて、在宅20%、現場対応での外出20%との通達で業務方針が変更となりました。

現場を持っていない人は、実に80%は出社しなくてはいけなくなり、
週5日のうち、4日を出社しなくてはいけなくなりました。

今までは、週に1回~2回、会社に顔を出すだけでよかったのですが、
慣れた体には、きつい急激な変化です。

もともと、人と接するのが苦手で、自宅に閉じこもって、ずっと耐えられるし、上位者へのおべっか営業もしなくてよいし、パワハラを受けることもないので、むしろ快適な生活で、この変化を楽しんでいました。

サラリーマン生活の最後を迎えてきて、研究者のような生活になったのは、望んでかなえられなかった自分へのご褒美だと思っていました。

今回のCOVID-19、新型インフルエンザウィルスである、新型コロナの感染状況が把握できたのか、
会社の見解は、通常業務に戻したのは、濃厚接触しなければ、コロナに罹患しないとのことです。
この決断に至るのに、保健所や産業医など各方面に、ヒアリングを重ねたようです。

濃厚接触の定義が、下記のように変わりました。
1.新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染者と接触した日のはじまりを「発病した日」から「発病した日の2日前」に
2.濃厚接触と判断する目安を「2メートル以内の接触」から「1メートル以内かつ15分以上の接触」に

これによって、会社では、マスク装着が絶対条件ですが、
職員同士が1M以内の接触を避けるということで、
会議室や執務室で座る隣通しの間隔や、対面の間隔が、
鼻先1m 隣通しは鼻の中心と隣の人の鼻の中心までの距離が1m以上あけて執務をするとのことです。

つまりは、距離と接触時間によって、罹患率が変わるということです。
これに、換気と私の理論である、太陽光に当たっていれば罹患しないのでしょう。

夜の街に女あり、女の影に、コロナあり。
罹患者は、医療従事者を除いて、ずれも夜の街で濃厚接触した結果です。

今週から始まる、本格的出社での執務に、飲み会をいかに安全に対処するかがカギですね。
当面、爺さんは飲みにいけませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2020/11/15/9316938/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。