見えなければ忘れ去られる2020/10/25 08:31

あっという間に秋が来て、夏の海も、トアエモアの歌のように「もう誰もいない海」になってしまっているでしょう。

季節の移り変わりは早いものですが、
最近、「見えなければ忘れ去られる」という、言葉にも
人の世の移り変わりを深く感じ入ることがあります。

英語では「OUT OF SIGHT OUT OF MIND」という諺ですが、
通常、日本語では「去る者は日々に疎し」と翻訳されますが、
なにか、直訳のほうがすっきり入ってきます。

NHK教育テレビで放映している 滝沢直樹氏の「漫勉」という番組があります。
この番組は、日本の著名な漫画家に焦点を定め、漫画家の仕事場に入り込んで、彼らの漫画のテクニックや創作の秘密を探る番組です。

この番組を時たま見るのですが、先週10月22日に放送された、
「星野之宜」氏のテクニックや発想法、その原点の彼の蔵書庫を、惜しげもなく公開していただき圧倒されました。

一時期、建築の設計を生業としてきたものにとって、業種は違いますが、
まさに、手を動かして作品をつくるという原点は一緒ですので、彼の技量やアナログ的な手法に圧倒されました。

また、彼を支える、1万冊余の蔵書に裏づかれた思考や、発想の原点を見せてもらったことはよかったです。

ものを作る原点は、やはり時代が進んでも、アナログであることを感じました。

なんでも電子化されてきましたが、電子化された本や写真は、記憶に残らないし、すぐ忘れ去られてしまうことを感じます。

コロナ禍の世の中になり、リモートと言って、ますます資料や報告が電子化され、アナログ的なものが、効率が悪いと排除されてきました。

非常に殺伐となってきて、小説以外の本、漫画もそうですが、努めて
電子本でなく、印刷された本を買うようになりました。

本のぬくもり、作者の熱い注力されたエネルギーは、手に取って、触って、書き込んで、眺めて、繰り返し開いて感じるのが良いと感じております。
好きなものを身近において暮らす。蔵書に埋もれて暮らす。
現代では、最高の贅沢になってしまいました。

見えなければ、すぐ忘れ去られてしまいます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2020/10/25/9309438/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。