光と風が2020/10/04 08:38

暑い暑いと嘆いていましたが、半月も過ぎたら、本当に過ごしやすい気候になってきました。

命が萌えいずるウキウキする春も好きですが、東京の冬に至るまでの、だらだらと続く秋も好きです。

木漏れ日の中の太陽光と、さわやかな風に自分の体をさらさないと、木枯らしの吹き付ける、激しい冬を乗り切ることができません。

ましてや、北海道や、ヨーロッパの地域のように、冬の日照時間が少ない地域の人は、重要です。

ヨーロッパの夏の海岸リゾート地に行くと、若い娘達のトップレスで甲羅干しをしている光景にちょくちょく出会います。

太陽を浴びているその姿を見ると、燃え盛る青春と、健全な肉体、健康さに圧倒されるとともに、冬に備えて太陽光を少しでも浴びようとする気持ちが伝わります。

我が家の木漏れ日の中での、光に浴びたいという希求は、北海道に住んでいた名残かもしれません

3月から世界中を襲ったコロナの影響で、今年は特に体が外気を吸っていないし、太陽光にあまり当たっていません。

この状況を見るにつけて、手塚治虫氏の「火の鳥 未来編」がよみがえります。
放射能に侵され、地上に住めなくなった人類が、地下に都市を作るのですが、その都市は、完全にコンピューターで管理された世界が作られるのです。
しかし、コンピューター同士の戦いで、世界が一瞬のうちに、核兵器で滅ぶのです。

実際に、コロナ禍に世界中が翻弄されたり、東証のコンピューターダウンしたり、マスコミの使命を忘れた売れればよいとする凋落、世論操作や、ネットでのフェイクニュースの反乱で、だんだん、この手塚治虫氏の漫画の世界に近づいてきています。

改めて、手塚治虫氏の先見の明に驚きを感ぜざるを得ません。

さて、光と風を求めて、先週末は、表参道、原宿、明治新宮方面に散策に行ってきました。

コロナウィルスは、光(紫外線)と風〈換気)に弱く、体力のある、抵抗力のある人には、比較的かかりにくいものです。

一番いけないのは、密室空間での飛沫感染、および手や口からのウィルス菌の侵入です。

光に当たっていない人、およびマスクをつけることによって引き起こされる
のどの粘膜の温室栽培効果で、コロナウィルス菌以外のウィルスに対しても、体の抵抗力をなくしてしまうことです。

特に太陽に当たらない場合は。ビタミンD不足となり、ビタミンDは全身の免疫、皮膚、脳にも重要な役割を担っている栄養素でありますので、大人に限らず、子供にも発達障害、クル病やがん、骨折障害を引き起こします。

季節の良いこの時期、確実にやってくる冬と、様々なウィルスに勝つために、新鮮な外気を吸って、マスクで甘やかした喉を鍛へ直し、太陽光を吸収することで、抵抗力を鍛えましょう。


本日掲載した写真は、原宿に新しくオープンした「ウィズ原宿」です。
店舗に入るときに徹底した手洗いと検温で完全管理がされている店が多いです。

この新しく生まれた店舗空間ですが、コロナ禍を予測していたのか、内部と外部空間をうまく織り交ぜた、ハイブリットな共用部が計画されており、
まさに、光と風をうまくつかまえております。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kinonkoya.asablo.jp/blog/2020/10/04/9302139/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。